忸怩たるループ 2005年6月
もどる


 ……テレパシー、受信っ! 完了っ! 結果発表っ! 月が一回りして、雨が降ったから、犬周期っ!

 そんなわけでBookshelf Batonも。

1.部屋にある本棚の数

 ゼロ(琥珀麗)。諸事情により本棚の置き場所がない部屋に住まっておりますれば。ベッドの端(壁際)に積んでる。のでだんだん寝場所が狭くなる。

2.今読んでいる本

 スティーヴン・キング『暗黒の塔I ガンスリンガー』。
 砂漠の彼方に立ち去った魔術師と、それを追う拳銃使いの話。もちろん二梃拳銃。

3.最後に買った本

 上に同じ。その前は竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん』と桜庭一樹『荒野の恋 第一部』。

4.よく読む、また思い入れのある5冊

・竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん』
 タイトルが好き。語呂がいい。
 男の子が女の子のところに駆けつける話。当然のように女の子の事情あるいは内面は男の子より先行している(ササキバラ・ゴウの議論を参照)。世の中ときたら取り返しのつかないことばかりだ。それでも田村くんは走るし、必要な程度にはちゃんと間に合ってしまう。
 どちらかといえば男の子への愛情が感じられる一冊。田村くんの空回りっぷりがどうにも好ましい。

・柴村仁『我が家のお稲荷さま。』
 夏なのでこれを挙げたい、という程度には夏がくるたびに思い出す。会話が好き。

・鎌池和馬『とある魔術の禁書目録(5)』
 一方通行(アクセラレータ)のために。
 当麻が嫌いなので買ってなかったんだけど、ついでに言えば超能力はともかく魔術とかそのへんの扱いは泣きたくなるほど不満だけど、ひとかたさんがかーいいのでこの巻だけ。
 ああ、うん、男の子が頑張る話──頑張れるようになる話。やればできる子です。

・谷川流『電撃!! イージス5』
 なんか気が付いたら読んでる。
 そろそろ谷川流の最高傑作はこれではないか、という気がしてきた。ごはんつくりたい。
 あろえが好き、って言ってなかったような気もするのでこのさい言っとく。

山際淳司『スローカーブを、もう一球』
 『花咲くオトメのための嬉遊曲』のために手を出したのだが、これまで読んだいなかったことをかなり後悔した。
 一応ノンフィクションらしいのだが、語り手の特権は語りの順序を入れ替えることで、表題作においてそれは存分に発揮されている。順序の入れ替えは「過去」を「回想」に変える、換言すれば物語化するのである。と思う。そうやって物語にしてしまうのが、ええとなんだ、優しいのかしら。

5.バトンを渡す5人

 電波で発信するのが作法らしく思えるのでそうします。
 君に届け。


Bookshelf Baton
(Friday, 24-Jun-2005)

 来い〜来い〜と心ひそかに念じていたところ、薫さんからマジカルミュージカルバトン届きました。魔法?
 そんなわけで。


Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
・およそ1.5GB。思ったよりあった。

Song playing right now (今聞いている曲)
・「不器用じゃなきゃ恋はできない(Marvelous Arrange)」(小桜エツ子)
 『わたしたちの田村くん』を読んでいると聴きたくなる、ので最近よく聴く。
 《どきどきしてる今が恋》なのであって、田村くんは恋さえさせてもらえなかったわけではないと思うのです。

The last CD I bought (最後に買った CD)
・レンズクリーニング用のCD。その前はちょっと憶えてないです。『体内時計都市オルロイ』を中古で?

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
・「誰よりも何よりも」(畑亜貴)
 致死量の甘さ。好き、じゃなくて、好かれたい、という歌(でも言い出せない)、であるのがポイント。他者の欲望を欲望せよ。
 二番の言葉の並びが神業。

・「ダ・カーポ 〜第2ボタンの誓い〜」(yozuca)
 伝えられずに過した季節とか、言い出せないもどかしさとか、まあそういうあれです。せつなくて泣いちゃう。
 「大切な話をするよ」てのがいいんです。

・「Brand New Heart」(あっこ)
 曲としては決して好きと呼べないのだが、《君に届け! テレパシー》というフレーズが泣けるので些細な問題です。君に届け。あと電波とか。
 これはあまり聞かない。思い入れの方。
 Feeling Heartとの関係は「第2ボタンの誓い」と「サクラサクミライコイユメ」において反復されている、気がするがどうか。

・「Farewel Song」(Lia)
 もうそんなに思い入れというほどのものはない気がしていたが、TV版AIRで毎回流されるのが実に耐えがたかった、のでそうでもないらしい。滅多に聞けない。
 それにしても、朝には消えたあの歌声、って言い方はひどすぎやしませんか。そんなわけで「夏影」(KEY+LIA)の方が優しい気がするのでそっちを聴くことが多い、って何の話だ。

・パガニーニ「ヴァイオリン協奏曲 第一番 ニ長調」(ギトリス、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団)
 あっ軽い曲。この陽性さには憧れる。ギトリスのやりすぎっぷりも素敵。もお下品でエロくて頭悪くて。

Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
ひらしょーさん
then-dさん
Pantselくん
id:judgement1999さんのことはワルイヒトさんとお呼びしてよいのかしら。えいっ(とバトンを放り投げ)。
maritaさん。目に付いてしまったので。


Musical Baton
(Thursday, 23-Jun-2005)


もどる